top of page
コラム更新は SNSでお知らせ! (4).png
検索

【時短ごはん準備】忙しい日の強い味方!冷凍食材で完成する美味しい食事!

ー 目次 -



 


お弁当を作っているエプロン姿の女性



1.手間のかからない食事準備のコツ!


健康に欠かせない毎日の食事ですが「メニューを考えるのが大変!」なんてことありませんか?

パパママは食事以外にも毎日考えなくてはいけないことがたくさんあります。

「今日の夕飯どうしよう」「作り置きあったかな」など、考えている時間を少しでも減らして、余裕のある生活を送りたいですよね。

また、こどもの食事となったら「栄養を気にしてあげたい!」と思っていても、なかなかそこまで気が回せないパパママもいると思います。


そんな忙しいパパママにお勧めしたいのが【冷凍幼児食】です!

冷凍食品というと、イメージが悪く手抜きになってしまうと考えている方も多いのではないでしょうか?ただ、忙しい時にこそ手抜きをしても安全で美味く、こどもの栄養バランスを考えて作られている冷凍食品だったら、とても嬉しいですよね。

SNSなどで見かけてはいたけれど、実際に試す機会がなかった方もいらっしゃると思います。実体験も含めたお勧めを紹介していきますので、是非気になるものを一度購入してみてください。




2.冷凍幼児食の基本知識


【冷凍幼児食】とは1歳から3歳頃の幼児が食べることを目的とした食品を、安全に長期保存できるよう冷凍したものです。これらの食品は、幼児の成長に必要な栄養素を考慮して作られており、食材を小さく切ったり、やわらかく調理したりして、幼児が食べやすいように工夫されています。

具体的には、野菜や肉、魚などの食材を使って作った料理や、離乳食の完了期に相当する食事を冷凍保存しておき、食べる時に必要な分だけを取り出して温めることで、簡単に食事の準備ができます。これにより、忙しい保護者でも、解凍するだけで手軽に幼児に栄養バランスの良い食事を提供できるのが冷凍幼児食の大きなメリットです!



女性のイラスト









お弁当の内容説明


3.冷凍食品でバランス良く!冷凍食品を上手に利用


メインに冷凍食品を利用するとなると、夕食前の料理の時間がかなり短くて済みます。

例えば、週末に簡単できる副菜の作り置きを活用しつつ、平日はお味噌汁を作るだけ!という曜日を決めるなど、冷凍食品を活用するポイントを決めてみてはどうでしょう。

冷凍食品を活用したいけど、どれがいいかわからないという方にもお勧めの家にいて頼める冷凍食品をご紹介します。



〇信頼できる市販の冷凍食ブランド



約30種類のメニューからこどもが好きなものを選べます。献立を決めなくてもいい、という楽さがとても助かります。













冷凍幼児食をモバイルオーダーできます。冷凍で届いて簡単レンジでチンで食卓に並べてすぐ食べられます。

メニューも豊富なので、選ぶのが楽しいですね。













大人のご飯とは別で作ることが多い離乳食期初期。いざという時のストックとしても、お家にあるとありがたい冷凍食品の1つです。離乳食初期~18ヶ月頃までのメニューが揃っています。







〇無添加で大人も一緒に食べれる!

<【公式】お惣菜おかわり、惣菜 おかずの通販 | Okawari>

無添加にこだわった製法。定期便やまとめ買いなどもあるため、ストックの残りを気にしなくても家に届くのが忙しいパパママにはありがたい。













女性のイラスト









お弁当の内容説明





4.忙しいパパママこそ試してほしい!


〇買い物や献立の負担を減らす

社員Kさん

女性のイラスト


















社員Sさん

女性のイラスト













〇こどもの食事は定番化する

朝ごはんのメニューを定番化するのもありです。

こども用メニューは冷凍保存容器に、1週間分取り分けておいて、金曜日は必ず自動調理鍋を使ったメニューにする等のルーティーンを決めてしまうのもありでしょう。


例:焼きおにぎり+ヨーグルト

シリアル+きなこ+バナナ

パン+コーンスープ+ミートボールなど





女性のイラスト














〇冷凍食品会社ホームページのアレンジレシピを活用!

「ただ温めて出すだけだと味気ない…」という声もたくさんあるため、時短しつつも美味しいアレンジレシピなどが掲載されています。温めるだけでも安定した美味しさだけれども、ちょっと物足りなくなってきたという方は、調べてみるのはいかがでしょうか?

いつもと同じ食品を使っているのに、見た目の雰囲気や味が違うだけでも気分が変わるためとてもお勧めです。


女性のイラスト











5.まとめ


<冷凍食品から食事を考えてみる>というのはいかがでしたか?

毎日、一から作るのは大変です。休日も作り置きにばかりに時間を使ってはいられません。こちらを読んで、冷凍食品へのイメージが変わったり、毎日の食事が美味しく楽に過ごせてもらえたら嬉しいです!





合同会社デュナミス公式SNS(XInstagramFacebook)にて更新のお知らせしていますのでフォローしてチェックしてみてください。


 


女性のイラスト






 ≪筆者紹介≫

 みーみ(保育士)



Comments


bottom of page